書籍

書籍

講座

講座

最近チェックした商品

最近チェックした商品
税理士WEB講座資料請求フォームへ 建設業経理士WEB講座資料請求フォームへ 「Webキャンパス」サービス終了のお知らせ
ビジネス書 > 堀川洋の建設業における原価計算の教科書(0252)

堀川洋の建設業における原価計算の教科書(0252)

商品名:堀川洋の建設業における原価計算の教科書(0252)

製造元:ネットスクール出版

定価:1,980円(税込)

ISBN:978-4-7810-0252-1

数量: 

 ▼他に購入するものが無い方はこちら▼
すぐに購入 買い物かごに入れる
 ▲他の商品も購入予定の方はこちら▲
お申込前にお読み下さい
※ご注文を多数頂いた場合、発送日が若干遅れる可能性がございます。あらかじめご了承下さい。

【配送手数料について】
合計注文金額(税込)が1,500円未満の場合は420円、1,500円以上2,500円未満の場合は150円の配送手数料を頂戴いたします。
※ご注文内容によっては(税込定価1,500円〜1,666円分の書籍をご購入の場合)、会員割引(10%OFF)を適用しない場合の方がお安くなる場合もございます。事前にご確認頂きますようお願い致します。

【商品の発送及び受講開始日について】
※商品/教材の発送・受講開始のご案内は、原則としてご入金確認日(代引の場合はご注文日、ショッピングローンの場合は審査完了日)の翌営業日となります。
土日、祝祭日の発送・ご案内はございませんので、何卒ご了承ください。
(金曜日にご入金(お申込)頂いた商品の発送・講座の受講開始は、月曜日以降となります。)

また、土日・祝祭日のお問い合わせにはご対応致しかねますので、あらかじめご了承下さい。

【書籍1冊のご注文をお考えの方へ】
書籍1冊のご注文は書籍の厚さ、サイズによりヤマト運輸の『ネコポス』での配送になる場合がございます(代金引換の場合を除く)。この場合、郵便受けに投函する形でのお届けとなります。

内容紹介

簿記経理などの知識がまったくないということを前提に
製品原価や工事原価の計算方法を分かりやすく解説した一冊です。
本書は2部構成になっており、
第1編では原価の算定方法を、
第2編では製造業の工事原価の計算を説明し、
それぞれ独立した内容になっていますので、
メーカー勤務者以外の一般企業の営業担当者などにも
役に立つ知識が満載されています。

▶ 製品原価の計算方法
原価計算は、メーカー勤務者以外の
ビジネスマンにとっても非常に重要な知識です。
しかし、実際にその知識を得ようを考えても、
わかり易く説明された書籍などは多くありません。
そこで、本書では第1編で、
この原価計算を「原価とは何か?」という
基本的な事項から
初心者にも理解できるように体系的な説明をしています。
さらに、具体的な製品原価の算定方法、
また、これによる利益計画という領域まで解説をしています。

▶ 建設業の工事原価
建設業で行われる工事原価の計算は、原価計算の延長です。
ですから、建設業の工事原価のことが知りたければ、
簡単な原価計算の知識が必要です。
本書では、第1編でこの原価計算を説明しています。
これにより、第2編での工事原価の計算方法もスムーズに理解できます。
また、工事原価は単にその原価を算定するという以外に、
工程に沿った原価管理が非常に重要です。
この原価管理に関しても、どのような方法で行われかをを解説しています。
 

目次

Chapter
原価計算の基礎
 Section 1 製造業と原価
 Section 2 原価計算の意義
 Section 3 製造原価の構成要素
 Section 4 総合原価計算
 Section 5 個別原価計算
 Section 6 標準原価計算
 Section 7 生産計画目的の原価計算
 Section 8 原価計算と記帳

Chapter
建設業の原価計算
 Section 1 建設業の請負工事
 Section 2 建設工事の特徴
 Section 3 工事原価の内訳
 Section 4 請負工事の収益
 Section 5 工事原価と利益
 Section 6 原価要素の種類と集計
 Section 7 建設業における経理

 

他のネット書店で購入する

Amazon
ネットスクール出版・書籍案内ページ

page top